About us    mail: siraikenkyu@s6.dion.ne.jp
                                   所在地: 京都市上京区


「白井晟一の芸術・デザインと ヒューマニズム」を正確な資料や調査に基づいて研究する会
                                   
          白井晟一作品を身近に毎日ご覧頂いて、楽しみながらその素晴らしさを感じて頂けるよう
           今年も 『白井晟一カレンダー』を発行しました。メールでお問い合わせ願います。                              





2021.10. 20. 更新
2019. 3. 16. 追記
2019. 1. 23. 更新

主宰石沢加津子 ISHIZAWA Kazuko  
 
   2002年に虚白庵を訪問した後、承諾を得て「白井晟一研究会」を設立。
   京都市内のアトリエで開催。
 
 *
京都市生まれ 
 
小学校入学と同時にYBU English Center (京都・河原町三条)に英会話の
    レッスンに通う。(大学受験前まで続ける)
・・*1
    1964年東京オリンピックの頃、その建物を眺めていた白井晟一に出会い、
    いろいろ質問され、御礼にと言って自作の建築について語るのを聴いた。
    「シライ セイイチをよく覚えておいてください!」と言われたことが忘れられず、
   今度出会ったらどんな話をしてもらえるだろうかと興味をもつ。

 
勉強はどの科目も好きだったが、とりわけ数学の美に魅かれ数学者に憧れる。
   「数学は哲学だ」と聞いて、デカルトから始まってプラトン・アリストテレス・カント・
   ニーチェなどを読み耽る。医者になることも考えたが「美」を追求することは天職と
   悟り、科学と芸術の融合がデザインだと気付き進路を見出す。
  大学卒業後、建設会社に就職して
数寄屋邸宅(約200坪)を担当。図面を描いて
   現場と往復して2年がかりで仕上げる。

 *
東京勤務時代に麻布台のギャラリーで開催された「白井晟一書展」を観に行く。
 
 *
幼稚園の頃より通っていた近所の画塾で、11歳より油絵を始める。
   大学時代、絵画実習の時間から油絵大作を描き始める。
   退職後、京展や独立展にも出品。
      
 * 京都市在住  
 京都工芸繊維大卒 


*1 
YBU(よき牧舎の運動本部)=心のともしび運動としてラジオやTVでも有名。
    1952年にハヤット神父がアメリカ合衆国のメリノール宣教会より来日して創始。
    1954年に来日してYBUやノートルダム女子大(京都)で英語教育の指導に携わ
    ったオダナヒュー神父(
P.F.O'Donoghue)に出会えたことは、私の人生に終生
    大きな影響を与えられた。
    パトリック・F・オダナヒュー神父は大らかな人柄と、綺麗な発音・発声で女子大
    生やシスター方にも人気が高かったようだが、指導には厳しく熱心であった。
    私がYBUを修了してすぐに東京に移られ、メリノール宣教会日本管区長として
    世界を飛び廻って活躍された。また研究者として筑波大学で比較宗教学の
    講義もしていた。    
    晩年、お会いしたときに「白井晟一」のことを話したら、私の研究好きを一番
    喜んで頂いたのもFather O'Donoghueであった。