親和銀行 大波止支店

おお は   と

update 2016. 2. 5.
    2015. 3. 14,

 美しい長崎市街のJR駅に通じる大通りに面して、ひと際白い御影石の端正な建物が、
温かく迎えてくれる――親和銀行 大波止支店。
現在も行き届いたメンテナンスのお蔭で、白井作品の真髄が彷彿と蘇る。
白井晟一はこの作品の好評によって、その後の親和銀行本店の設計を依頼されて
建築学会賞等を受賞。さらに本店別館(電算棟「懐霄館」)では日本芸術院賞を
受賞したのだから、この建築のもつ意味は大きい。
 平成19(2007)年度・第15回長崎市都市景観賞「大きな建物部門」受賞。
受賞式は2008年3月19日。白井晟一歿後四半世紀経っての受賞だが、何よりも
今も大事に扱われ、活用され続けていることが嬉しい。 1963年竣工、1973年増改築。
 
                     写真は全て 2014年11月見学撮影 copyright (c) SSSC

アーチ型の竪格子は、晩年の作品・松濤
美術館のファサードに結びつく. 
ステンレス18.‐8角パイプ.
池底は青鉄平石張り、水中照明灯4コ

 ※以上の材料名、寸法は設計図による.但し、尺はmに、片仮名は現代の表記や漢字に変換してあります.

独立柱:イタリア産トラバ−チン
フリューティング 20条
スタイロベート(基壇):スウェーデン産
黒ミカゲ本磨き、6枚合せ

南玄関外側:グリルスクリーン
グリルユニット真鍮製ダルクロム仕上
丸型プリズムグラス嵌込み 

 1階ロビー;爽快な吹抜け空間に
 美しい材質の素晴しいインテリアが
 拡がる、 見事!!                                

時計板:本石磨き
周囲:スウェーデン産茶ミカゲ本磨き
文字板:スモークガラス銅メッキ鏡
壁:砕石入りスタッコ木鏝塗りEP吹付け

アーチ型高窓の柱型及入込壁:スウェーデン産       
茶ミカゲ本磨き 
(可及的濃色のもの)
窓下のグリルドア:真鍮ダルクロームメッキ →

  外側:グレーペン銅メッキ鏡嵌めころし


      

グレーペンのガラスドアが美しい

 

正面出入り口の広いテラス部分は、伸びやか
な水平の拡がりを感じさせる.基壇を高くして
銀行の風格を保ちながら.
階段はバリアフリーに改修せずに1ヵ所手摺が
設置されている.(平坦な出入り口は駐車場側
にある)

銀行の組織の変遷に伴い、応接間に
改修されたが、保存された縦長窓部分.
第15回長崎市都市景観賞のトロフィーが
飾られている

駐車場への通路.内玄関とは思えない魅力ある黒タイルの素敵な空間.(左奥の洗面所は綺麗に改修されている)

作り付けの飾り棚も用と美を
兼ね備えたデザイン

白井晟一オリジナルの大きなテーブルは、やがて
懐霄館や松濤美術館にも見られるがその原型

応接間の外壁丸型プリズムグラスを東の通りから見る

上階のラウンジ;顧客に好評とのこと.竣工当時
1階ロビーに置かれた椅子も大切に使われている

会議室には、チョーク入れのある作り付けの黒板
が設置されている
今も綺麗に書ける

最近はスクリーンも使用される

住宅の跡地に駐車場をつくり便利になった.
左側が大通りに面する玄関部分

北側の通りから増築部分を見る

北側にも「親和銀行大波止支店」の
門標が見られる
石の外壁が魅力的