白井晟一は前川國男に何故共鳴したのか ?
 (1905−1983)   (1905−1986年) 

What's learned  by Seiiti Sirai ?

 <追悼> 白井さんと枝垂桜       建築家・前川國男: 1905(明治38)― 1986(昭和61)年 
                                 新潟市生れ、5歳より東京で育つ
   
  
  朧夜の さくらに  すヾを  なぜつけぬ 」   鏡花
 
・・・ これで出来なきゃ、日本は闇よ。ふっと恢った泉鏡花先生の科白の断片を、私は胸中で呟いた。

箱根国際会議場競技設計の審査が終わった夜だった。白井(晟一)さんと私は、何と もやりきれない気持で、
二人とも仏頂面をして、黙りこくって車を走らせていた。コンペ応募案には否応なしに日本の建築家の現状が
浮き彫りされていた。考えれば、このコンペが失敗に終わるのは当然の帰結であった。戦後、水ぶくれ状況の
まま推移してきた日本の建築界に、期待をかけるほうが無理というものだった。
・・・・ 車はやがて明治神宮外苑にさしかかった。雨上がりの、生暖かい夜気のなかで、外苑の黒々とした木立
のあいだに、咲きぞめを私は目にした。
「春で、おぼろで、ご縁日」か。鏡花の一節に誘われるようにして、「京都の桜を観ようか」と、私は白井さん
に声をかけた。こうして、祇園の夜桜、常照皇寺の枝垂桜と、二人とも子供のように夢中になって、京の桜を見て
廻った。1971年の春のことである。
 
 その後、白井さんは御自宅の庭に、一本の枝垂桜を植えられた。いい姿の桜だった。私は何となく作戦的中
といった感 じがした。というのは、陽のあるうちは狸寝入りをきめ込む 白井先生を、何とか引っ張り出して、俗世
の空気になじまそうという魂胆だったからである。  
 惜しいことに、白井邸のその桜は数年後、一夜にして枯れてしまったと白井さんから聞いた。花には縁がない
のかもしれん、と言っていた白井さんが、今度は京都の住宅の現場に、20本もの枝垂桜を植えるべく探している
と、風の便りに聞 いたのは、つい最近のことだった。 ・・・
  
 白井さんの訃報は、花を散らす一陣の強風のように私の胸中を吹き抜けた。日本の闇を見据える同行者は、
もはやいない。
                                                        
       
                      ―― (初出「風声」17号・1984)



岡崎の景勝の地にあって、市民の文化と憩いの場であった
  父も母も若かった・・幸せな家族の佳き想い出が、ここにあった
                  ――― 京都会館 
     

2013. 3 15 更新

<白井晟一研究会会誌「景窓」bP(2007年)に掲載より抜粋

「京都会館」北側外観 (第1ホール)
          2012年9月7日撮影

疎水辺の姿が美しい (右方が第2ホール)

正面玄関が面している二条通りの
プロムナード




@




A

B

        楽屋出入り口
(筆者がコーラス発表会に出演した時、
ここで記念撮影した想い出の場所)

この優雅な階段を上った正面には「京都会館ランチルーム」(都ホテル
直営店)があり、幼い日にはいつも駆け上るのが楽しみだった.
(「みやこめっせ」が竣工後は、そこに移転したので、別のCafe に
なった)  階段の左右の手摺は、同じデザインではない.

1960年3月竣工、4月29日に開館した「京都会館」は、2012年9月10日より第1ホールの解体が開始された。これはその直前に撮影したもの

重く頭上に圧し掛かるような梁をくぐると

そこには素晴しい蒼穹が拡がっていく

道具搬入口もプロポーションが
美しく、風格がある

第1ホールの1階ロビー

第1ホールのバルコニーに掲げられていた(9月6日迄)
  「京都会館の新たな幕開けにご期待ください 
      長年のご利用ありがとうございました」

9月6日の雨の夜、中庭は幻想的な黄金の光に包まれた

中央の屋根の円柱は第2ホールの設備塔だが、
デザインの一部として存在感がある

左方は会議室とピロティ、右は第2ホール

折鶴のような手摺のスリットに、美しい黄金の光が
溢れた.デザインの妙味に今更ながら感嘆!   

降りしきる雨と照明の中で、最高に美しく輝いたタイル

(同じ場所を、翌日、快晴の昼間撮影)

階段裏も、一つのデザインになっている.射し込む光が
オンパレード

解体される「第1ホール」のエントランス

9月6日、黄昏時から俄かに激しく降り始めた雨は、夜の帷が下りても、一向に止みそうにない。
雨とゴールドの光が奏でる幻想的な素晴しい光景に絶句。
飽くことなく、いつまでも立ち去らない、雨の夜の唯一人の訪問者に与えてくださった、
          正に神様からの最高のプレゼント。
工事が始まる前の、最後の雨の夜となった。
   
   しとしと降りしきる雨は、私の代わりに涙を流してくれているかのよう。
   間近に迫り来る老いた両親との別れを想い、私は心の中で泣いた。
   物陰に身を寄せれば、ぬばたまの夜の闇に拡がる、沈黙と慟哭


鉄とコンクリートとガラスと石の調和と共存。素材の大きなスケールの中でも、
繊細な気配りが生かされているデザインの妙味に、今更に感嘆。
忘れてはならないデザインの基本である。 
   
   ふと、前川國男の呟きが聞こえる。『白井さんと枝垂桜』の一文である。
   一見、全く違う作風の二人が何故共感し合えたのか。疑問が一気に解けた。
   途轍もないデリカシーと、見事なデザイン力。
    
翌日9月7日は、一転して、青空と真白な雲の夏日和。もう一度訪ねる。
第2ホールのホワイエの鮮やかな陶壁画を見下ろしながら、バルコニーに立つ。
頭上にのしかかる、トンネルのような陰の空間。早く抜け出したくて進むと、
見事な額縁で切りとられた蒼穹が輝く。そして、一気に開放的な大空に拡がる。
   
   幼い日、家族と竣工直後に見学して、私はこのトンネルが怖かった。
   この大建築家はここだけ失敗したのだ、と思っていた。
   しかし今、この建築の最後に真摯に向き合って、それが陰と陽の醍醐味だと
   気付いたのは幸いであった。白井晟一の晩年の作「松濤美術館」と
   「びわこ湖北寮」を経て。  

  白く覆われて、まるでオペの最中のような第1ホール
                           (2012年12月9日)

西側外観 (疎水の水面には平穏に鴨が列をなして泳いでいく)

工事の音が聞こえて、北側を見る.第1ホールがなくなった!! 

チョコレートケーキを切ったように、北部を綺麗に切りとられて
短くなった京都会館
   (2013年1月31日)

工事現場のようす     (1月31日)
左端の銅板葺屋根は、東隣の京都市美術館「別館

<解体工事開始後>